読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒザキトモコのモコモコ

イラストレーター・マンガ家の陽崎杜萌子(ヒザキトモコ)がマンガや電子書籍の話をしますよ

Kindleダイレクト・パブリッシングの登録方法。昔と今とで変わった3つのこと。

f:id:retu77b152:20151118123810j:plain

Kindle版「魔界の配達屋」さん【11月24日】発売です!現在予約受付中。→Kindleストア

こんにちは!陽崎杜萌子(ヒザキトモコ@hizakitomoko)です。

今回はKindleダイレクト・パブリッシングへの登録について書きたいと思います。

kdp.amazon.co.jp

とはいうものの、私が登録作業をしたのは、日本国内でKindleのサービスが始まった2012年頃の話です。その頃の事について書いても参考にはならないと思うので、当時と現在の登録作業で変わった点について書いてみようと思います。

Kindle出版の話題が一番盛り上がったのは、やはりサービス開始直後だと思いますし、登録作業について書かれたブログもその頃に書かれたものが多いです。当時読んだ知識のまま、変わっている部分に気がつかずに「何か面倒そう」と思って登録を見送っている人もいるかもしれません。しかし、昔よりも登録作業は随分と簡単になっているので、面倒そうだという印象が変われば幸いです。

 税に関する手続きについて

Kindleの登録が大変そうだというイメージの要因のひとつが、Amazonの本拠地であるアメリカから課税されないための手続きに関することではないでしょうか。

サービス開始当初は、書類をエアメールで送る必要があり、私も実際に書類を作って申請しました。なかなか面倒な作業だったのですが、現在はアカウントに用意されているアンケートに答えるだけでOKとなっています。結構大変な作業だったので、うらやましい…。(;´д`)トホホ…

この辺りの変遷については、こちらのブログで詳しく書かれています。

densho.hatenablog.com

そういうわけで、初期にあったような、海外への書類郵送などは必要ありませんので、安心して下さい。

銀行口座と振込について

初期の頃に書かれた記事でよくみかけたのが、銀行振込の際に特定の銀行を指定しないと、海外からの送金手数料が数千円くらい引かれてしまう、といった情報です。

そのため、私も新たに銀行口座を開設したのですが、実際はどこの銀行でもそのような手数料が引かれることはないとのことです。

セルフ・パブリッシング(自己出版)の流れについて─ KDPパブリッシングサイクル STEP1

送金自体は、日本国内の銀行から行われますので、為替の交換手数料や、振込手数料は発生しません。ロイテリティの計算レポート通り、指定の銀行口座に自動的に振り込まれます。

 また、最初の頃は一定の金額に達しないと振込がされなかったのですが、現在は銀行振込に関しては最低振込金額は撤廃されています。

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon の Kindle ストアでの電子出版に関するヘルプ

カテゴリの設定と変更について

こちらは最近変更があったようなので、新しい情報ではないかと思います。

以前は本を登録する際に指定できるカテゴリと実際にストアで使われてるカテゴリが違ったため、希望のカテゴリに登録されなかった場合は、問い合わせフォームからカテゴリの変更を連絡する必要がありました。

現在はサブカテゴリという形で、実際にストアで使われてるカテゴリが選択できるようになっているので、問い合わせメールを送る必要はなくなりました。

以上が、私が気づいた初期の頃から現在で変更されている点です。このように現在はだいぶ手続きが簡単になっているので、難しいと思い込んで登録を見送っていた方もこの機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Kindle版「魔界の配達屋」さん【11月24日】発売です!

魔界の配達屋さん

魔界の配達屋さん

 

 

CGイラスト・コミック制作など承ります。イラスト、キャラクターデザイン、漫画、CDジャケット等、なにかありましたら、お気軽にご相談ください。@hizakitomoko