ヒザキトモコのモコモコ

イラストレーター・マンガ家の陽崎杜萌子(ヒザキトモコ)がマンガや電子書籍の話をしますよ

Kindleだけじゃない!?誰でも電子書籍を販売できるストアを紹介します。

f:id:retu77b152:20151111222906j:plain

こんにちは!陽崎杜萌子(ヒザキトモコ@hizakitomoko)です。

このブログでは主にkindle販売について書いていますが、個人で電子書籍を出版できるWEBサービスは他にもいくつかあります。

Kindleダイレクト・パブリッシング以外での主な大手のサービスには、楽天koboライティングライフBWインディーズがあります。

こちらのふたつのサービスには、現在Kindleで予約受付中の「魔界の配達屋さん」を登録してみようかなと考えているので、後日レポートさせていただきたいと思います。

今回は、私が実際に利用したこともあるkindle以外のサービスをご紹介します。

ブクログのパブー

p.booklog.jp

国内の個人電子出版のサービスとしては先駆け的なWEBサービスです。大手読書コミュニティ「ブクログ」と提携しており、同じIDで利用することができます。

ブログを書くような感覚で本が作れて、ZIPファイルをインポートすることも可能です。作成した本はPDF・ePubファイルとして出力できます。

個人の電子出版サービスとしては、一番お手軽に始められて使いやすいのではないかと思います。無料版とプロ版があり、プロ版には外部サイトへの配信サービスがあり、Kindleストア、koboイーブックストアに各ストア10冊まで配信手続きをしてくれます。

DLmarket

www.dlmarket.jp

ダウンロード販売サイトです。電子書籍専門ではありませんが、デジタルコンテンツ全般を販売することができます。シリアルキー付きの販売や、定期配信、セット販売、コンビニ印刷、コピーガード等、多彩な機能が利用できるのが特徴です。

電子書籍専門サイトではないので、ただ売り場に置いても本をみつけてもらうのは難しいかもしれませんが、自分のサイトやブログに販売ボタンを埋め込んだりもできるので、目的に沿った機能を使いたいという場合には便利なサイトではないかと思います。

ちなみにこのサイトはフォントの事業者の方がダウンロード販売の場として、多く利用しているので、フォントを探すのにも便利です。

フォントのダウンロード販売マーケット:DLmarket

wook

wook.jp

こちらは有料のサービスです。私は運良く無料キャンペーン中に申し込みをしたので、無料で使わせてもらっています。実際に使ってみて感じたのは、有料サービスだけあって、非常に高機能だということです。整ったデザインの専用配信ページが用意され、専用ビューアーや定期購読等の販売機能が利用できます。個人でも配信可能ですが、どちらかといえば自治体や企業、NPO等の利用が多いようです。(個人で利用されている方もいらっしゃいますが、おそらく私と同様にキャンペーン期間中に登録した方だと思います。)

 定期的に発行しているカタログや雑誌などがあって、自前でシステムを構築できないというような場合にちょうどいいサービスではないかと思います。

個人出版サービスとして考えると、高額な部類に入るかと思うので、個人で利用したい場合は無料や割引等のキャンペーンをチェックしてみるのがいいと思います。(今後そういったキャンペーンが行われるかの保証はありませんが…)

以上、私が実際に利用している個人出版のサービスをご紹介させていただきました。

Kindle版「魔界の配達屋さん」11月24日販売開始です!

魔界の配達屋さん

魔界の配達屋さん

 

 

CGイラスト・コミック制作など承ります。イラスト、キャラクターデザイン、漫画、CDジャケット等、なにかありましたら、お気軽にご相談ください。@hizakitomoko